こんなお悩みありませんか?

トラブルの履歴を残していない

いつどの設備でトラブルが起きたか把握できていないので、同じようなトラブルが発生してラインを停止させている。

トラブル記録を紙やExcelで管理していて手間

どのようなトラブルがあってどのような改善がされたか記録するのを面倒で忘れてしまう。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

トラブル集計の見える化により予知保全を実現
設備で発生したトラブルを記録し、集計/分析することによって、事前にそのトラブルを防ぐ対策をとることができ、かつ改善しているかが見える化できます。
Excel管理の手間を削減
トラブル記録はハンディ端末で直接現場で簡単に入力が可能となります。
トラブル改善方法の教育にも活用できます
過去のトラブル履歴を確認することによってあるトラブルをどのように改善すればよいかの共有/教育に活用できます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバ

  • ・クラウドサーバ

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末 (HT) 一式

  • ・1次元ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

ソフト機能一覧

PC

作業一覧
  • ・トラブル履歴の確認
  • ・トラブルや段取替えによるライン停止の集計
データ転送
  • ・HTへマスタ送信&HTからログ受信
マスタ管理
  • ・各種マスタの追加/編集/削除

HT

作業記録
  • ・トラブル内容や処置内容、作業時間などの記録
データ転送
  • ・PCからマスタ受信&PCへログ送信

オプション

ラベル発行機能 設備ラベルの発行が可能

業務フロー

保全業務

  • トラブル記録 (現場/現場担当/HT)
    HTでトラブル対応や段取替えなどの作業記録を行う
  • データ転送 (現場/現場担当/HT&PC)
    HTの作業記録データをPCに転送する

運用確認

  • 既存でExcelなどでトラブル管理しているか
    していれば、その参考データを送って頂きます

事前準備

  • 各マスタの作成
    (設備マスタ/不具合マスタ/処置マスタ/担当者マスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • 設備ラベル貼付
    弊社システムから設備ラベルを発行し、各設備に貼り付けて頂きます
  • 不具合リストと処置リストの準備
    弊社システムから不具合リストと処置リストを発行し、記録場所に備え付けて
           頂きます
設備管理

定期点検や備品交換の記録/管理