こんなお悩みありませんか?

計測重量の手入力の手間/ミスが発生する

はかりの計量値をPCに手入力/ラベルに手書きする際の入力の手間/ミスが発生してしまう。

重量過不足のままの出荷をなくしたい

はかりの計量値を目視確認する際の確認ミスにより重量過不足のままで出荷してしまう可能性がある。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

正確に手間なくラベル発行が可能
はかりで計測した重量を自動で転送しラベル発行を行うため、計測値の手入力や手書きの手間/ミスを削減することができます。
重量自動チェックで誤計量の削減
重量に過不足がある場合は、エラーで表示するため誤計量をなくすことができます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

タブレット

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末(HT)一式

  • ・1次元ハンディ端末

ラベルプリンタ

  • ・サトー製ラベルプリンタ
  • ・型式:CL4NX-J

はかり

  • ・Bluetooth対応

ソフト機能一覧

タブレット

不定貫ラベル発行
  • ・不定貫ラベルの発行
設定
  • ・はかりとの通信設定

HT

不定貫ラベル発行
  • ・不定貫ラベルの発行指示
設定
  • ・タブレットのIPアドレス登録

オプション

ケースラベル発行 商品ごとのケース入数分のラベルが発行されると、自動でケースラベルが発行

業務フロー

計量業務

  • ラベル発行指示 (現場/現場担当者/HT)
    ハンディでラベル発行する製品の品番を読み取る
  • 重量計量 (現場/現場担当/タブレット&はかり)
    はかりで製品1個1個の重量を計測して重量の上下限をチェック
  • ラベル発行 (現場/現場担当/タブレット&プリンタ)
    計測した重量が上下限の範囲内であれば自動でラベル発行

運用確認

  • 既存で重量の計測をどのような流れでやっているか
    計測記録表などあれば、送って頂きます

事前準備

  • 各マスタの作成 (製品マスタ/プリンタマスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • ラベルフォーマットの作成
    サトー製フォーマット作成ツールで作成して頂きます