こんなお悩みありませんか?

原料の在庫管理ができていない

原料の入出庫記録がないため、なにがいくつあるかわからない状態になっている。

紙/Excelによる入出庫の記録が手間

紙やExcelで入出庫時に都度記録するのが手間で、かつ入力ミス/漏れがあった場合に、正しい在庫管理ができなくなる。

払出する原料の確認を目視で行っている

荷姿だけでは判別しにくい原料があり、誤った原料を取り出してしまうことがある。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

正確な在庫管理で確認の手間や原料欠品防止
バーコードによる入出庫記録で正確な在庫数を把握できるので、都度現場に在庫確認する手間もなくなり、かつ発注点より少ない在庫になれば気づくことができ、原料不足の防止にも繋がります。
バーコードで簡単にミスなく入出庫が可能
ハンディ端末とバーコードにより、原料の入出庫を簡単に記録しながら、払出時には取り出す原料が間違っていないかをチェックすることができます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバ

  • ・クラウドサーバ

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末一式 (HT)

  • ・2次元ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

ラベルプリンタ

  • ・ラベルプリンタ

ソフト機能一覧

PC

在庫一覧
  • ・原料在庫の一覧/検索が可能
履歴一覧
  • ・作業履歴の一覧/検索が可能
ラベル発行
  • ・入荷時の原料ラベルを発行
データ転送
  • ・HTへマスタ送信&HTからログ受信
マスタ管理
  • ・各種マスタの追加/編集/削除

HT

入荷処理
  • ・原料の入庫情報を記録
払出検品
  • ・原料の払出のチェックとその記録
データ転送
  • ・PCからマスタ受信&PCへログ送信

業務フロー

入庫業務

  • ラベル発行 (事務所/事務担当/PC)
    原料情報を入力しラベル発行
    入庫予定のエリアにラベルを貼付け
  • 入庫処理 (保管場所/現場担当/HT)
    原料を受け入れ、HTで入庫処理
  • データ転送 (現場/現場担当/HT&PC)
    HTの実績データをPCへ転送

業務フロー

出庫業務

  • 出庫指示 (事務所/事務担当/PC)
    出庫する製品バーコードを指示書に印字
  • 出庫処理 (出庫場所/現場担当/HT)
    HTで出庫処理を行う
  • データ転送 (現場/現場担当/HT&PC)
    HTの実績データをPCへ転送

運用確認

  • 管理対象はどんなものか
    製品か部品か中間製品か
    荷姿はバラか入数固定か
    製品にバーコードが付いているか
    文字認識の場合、英数のみとなるか
    文字認識の場合は、読取可能か事前にテストするためにサンプルを送って頂きます
  • 現在の在庫管理をどのように行っているか
    紙/Excelの場合、フォーマットとサンプルデータを送って頂きます
    システムの場合、そのシステム画面のキャプチャを送って頂きます
    管理項目をお伺いさせて頂きます(担当者、製品、機種、数量、入数、ロット、
           エリア、得意先etc)

事前準備

  • 各マスタの作成
    (原料マスタ/製品構成マスタ/顧客マスタ/エリアマスタ/担当者マスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • 製品バーコードの準備
    指示書に印字する製品バーコードを作成頂きます
  • 最新の在庫情報の記録
    最初にシステムに登録する在庫情報をおまとめ頂きます
  • インターネット環境の準備
    クラウドサーバへ接続するために、PCをインターネットに繋げます