こんなお悩みありませんか?

賞味期限を間違えて出荷してしまったことがある

間違った賞味期限/使用期限を製品に記載した状態で、目視確認でも気付かずに出荷してしまったことがある

目視での複数チェックに時間がかかる

製品と賞味期限1対1対を目視確認するため、時間がかかる。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

OCRによる検品作業で期限間違いの誤出荷削減
賞味期限印字間違い,ラベル貼り間違いなどの作業ミスをOCR(文字認識)機能による照合確認を行い、誤出荷をなくすことができます。
複数の目視確認の手間を削減
ハンディ端末のOCR機能による簡単な検品作業で、複数の目視確認が不要となります。
検品作業のトレーサビリティが可能
検品作業をちゃんと行ったかの履歴を残すことができます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上

ハンディ端末一式(HT)

  • ・OCR機能付きハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

モバイルプリンタ

  • ・Bluetooth対応

ソフト機能一覧

PC

データ転送
  • ・HTへマスタ送信

HT

日付検品
  • ・製品台帳のバーコードと製品ラベルの日付を照合
  • ・指定された回数読取後、照合結果をプリンタへ自動送信し、ラベル発行
データ転送
  • ・PCからマスタ受信

オプション

照合検品 製品のバーコードとケースに貼り付けられているラベルの照合

業務フロー

梱包業務

  • 日付検品 (現場/現場担当/HT)
    HTで予定している製品台帳のバーコードと製品ラベルをスキャンして品番の照合確認後、製品にある日付をOCRで読取、日付の照合確認も行う
  • ラベル発行 (現場/現場担当/HT&プリンタ)
    プリンタに検品実績が自動で転送され照合結果のラベルが自動で発行される

運用確認

  • 照合先となる製品のバーコードがあるか
    ある場合は、バーコードのサンプルを送って頂きます
    ない場合は、各製品に製品ラベル貼り付けて頂く必要があります
  • 照合元となる正しい製品のバーコードを準備できるか(バーコード付きの作業指示書やかんばんなど)
  • 1:1で照合するか、1:Nで照合するか
  • ラベルのフォーマットの確認
    もし指定があれば、どんなフォーマットかご指示頂きます

事前準備

  • 製品マスタの作成
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • バーコード台帳の作成
    照合元として読み取るための見本バーコード台帳の作成