こんなお悩みありませんか?

目視確認による誤出荷が発生している

実際の製品と間違ったラベルを貼ってしまうなど、目視確認していて、確認漏れによる誤出荷が発生してしまう可能性がある。

製品とラベルを目視で複数チェックしていて時間がかかる

製品とラベルを何人もの人が複数目視確認するため、時間がかかっている。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

バーコードによる検品作業で誤出荷の削減
ラベル発行間違い、ラベル貼り間違い、選び間違い、仕分間違い、梱包間違いなどの作業ミスをバーコードによる照合確認を行い、誤出荷をなくすことができます。
複数の目視確認の手間を削減
ハンディ端末による簡単な検品作業で、複数の目視確認が不要となります。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上

ハンディ端末一式(HT)

  • ・ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

ソフト機能一覧

PC

データ転送
  • ・HTへマスタ送信

HT

検品
  • ・照合元と照合先のバーコードを照合確認
マスタ受信
  • ・PCからマスタ受信

オプション

OCR機能 OCRによる文字認識で照合検品が可能
バーコード抜出機能 バーコードの指定部分を抜き出した値で照合検品が可能
マスタ照合機能 読み取ったバーコードのマスタに紐づいた値と照合検品が可能

業務フロー

生産/出荷業務

  • 検品 (現場/出荷担当者/HT)
    HTで生産/出荷する製品の台帳と実際の製品ラベルをスキャンして照合確認

運用確認

  • 照合先となる製品のバーコードがあるか
    ある場合は、バーコードのサンプルを送って頂きます
    ない場合は、各製品に製品ラベル貼り付けて頂く必要があります
  • 照合元となる正しい製品のバーコードを準備できるか
    (バーコード付きの作業指示書やかんばんなど)
  • 1:1で照合するか、1:Nで照合するか

事前準備

  • 各マスタの作成 (製品マスタ/担当者マスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • バーコード台帳の作成
    照合元として読み取るための見本バーコード台帳の作成
照合検品
-履歴管理

照合結果の履歴管理が可能

照合検品
-結果ラベル発行

照合結果をラベル発行することが可能