こんなお悩みありませんか?

機器の紛失を出来るだけ減らしたい

貸出記録を徹底できていないため、貸出したことを忘れてしまう。

貸出品を探す手間がかかる

貸出品がどこで誰が使っているかわからず、探すのに時間がかかる。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

バーコードで簡単に貸出記録
ハンディ端末とバーコードにより、機器貸出時の貸出記録を簡単に行うことができます。
貸出品の紛失や探す手間を削減
貸出記録を行うことにより、機器がどこで誰が使っているかすぐに確認できます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバ

  • ・クラウドサーバ

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末(HT)一式

  • ・1次元ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

テプラ

  • ・テプラ

ソフト機能一覧

PC

貸出品一覧
  • ・貸出機器の状態 (貸出中か返却済みか) を確認
履歴一覧
  • ・いつ誰が何を貸出したかの履歴を確認
ラベル発行
  • ・製品ラベル/担当者ラベル/貸出先ラベルの発行
マスタ管理
  • ・各種マスタの追加/編集/削除
データ転送
  • ・HTへマスタ送信&HTからログ受信

HT

貸出処理
  • ・機器の貸出情報を記録
返却処理
  • ・機器の返却情報を記録
データ転送
  • ・PCからマスタ受信&PCへログ送信

オプション

ICタグ対応 バーコードの代わりにICタグでの読取対応

業務フロー

貸出業務

  • 貸出処理 (保管場所/各借用者/HT)
    貸出品を借りる時にHTで貸出処理を行う

業務フロー

返却業務

  • 返却処理 (保管場所/各借用者/ハンディ端末)
    HTで返却処理を行ってから、製品の置き場に戻す

運用確認

  • 貸出管理対象はどんなものか
    貸出管理対象物がどんなものか
    製品1個1個のシリアル管理で良いか
    製品1個1個にバーコード/ラベルがあるか
    保管場所は決まっているか
    品種/総数/大きさ (ラベル発行の時の参考情報)
  • 現在貸出管理をどのように行っているか
    紙/Excelの場合、フォーマットとサンプルデータを送って頂きます
    システムの場合、そのシステム画面のキャプチャを送って頂きます
    現在の貸出管理項目は品番と状態以外は何があるか。その意味も合わせて
           お伺いさせて頂きます

    上記の項目でデータが変わることがあれば、どのようになれば変わるのかを
           お伺いさせて頂きます (エリアや状態や区分など)

    貸出先:社内の部署間かどうか、どれくらいの数か
    貸出/返却情報を、誰がいつどんなデータをどのようにして入力しているか
    貸出の頻度
    新規貸出品のバーコード発行はどのように発行しているか

事前準備

  • 各マスタの作成 (貸出品マスタ/貸出先マスタ/担当者マスタ/エリアマスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます
  • 貸出機器ラベル貼付
    弊社システムから貸出機器ラベルを発行し、各貸出機器に貼り付けて頂きます
  • 担当者ラベル貼付
    弊社システムから担当者ラベルを発行し、各担当者のネームプレトーなどに
           貼り付けて頂きます
  • 貸出先ラベル貼付
    弊社システムから貸出先ラベルを発行し、貸出先台帳に貼り付け各製品
           保管場所の出入口に置いて頂きます