こんなお悩みありませんか?

集計の手間/ミスが発生している

製品別ロット別の返品数を集計する工数がかかり、その際のカウントミスや記録時の入力ミスが発生する。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

バーコードによる集計で集計の手間/ミスを削減
順番にバーコードを読み取っていくだけで自動で集計されるので、返品集計の工数とカウントミスを大幅に削減することができます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework 4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末 (HT) 一式

  • ・2次元ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

ソフト機能一覧

PC

データ転送
  • ・HTへマスタ送信&HTからログ受信

HT

返品処理
  • ・品番ごとに返品数を集計記録
データ転送
  • ・PCからマスタ受信&PCへログ送信

オプション

OCR機能 OCRによる文字認識でロットの入力が可能

業務フロー

返品受入業務

  • 返品処理 (現場/現場担当/HT)
    HTで製品ラベルのバーコードを順番にスキャンし、ロットを手入力

運用確認

  • 製品のバーコードがあるか
    ある場合は、バーコードのサンプルを送って頂きます
    ない場合は、OCR機能で品番が読み取れるかどうか
  • 現在の集計作業をどのような手順で行っているか
    商品別/ロット別に集計作業を行っているか

事前準備

  • 各マスタの作成 (製品マスタ/担当者マスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます