こんなお悩みありませんか?

部品の在庫管理ができていない

受払の記録していないため在庫数がわからず、部品が欠品してしまう可能性がある。

紙/Excelによる受払の記録が手間

紙やExcelで都度受払の記録を行っているのが手間で、かつ入力ミス/漏れがあった場合に、在庫が欠品になってしまう可能性がある。

FA-CUBEで解決!

FA-CUBEの導入メリット

バーコードで簡単に受払記録
ハンディ端末とバーコードにより、部品の受払した記録を簡単に行うことができ、入力ミスや漏れも大幅に削減できます。
正確な在庫管理で部品欠品を防止
ミスなく漏れなく受払記録を行うことにより、正確な在庫が管理ができ、部品の欠品が防止できます。

画面イメージ

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバ

  • ・クラウドサーバ

PC

  • ・Windows7以上
  • ・.NET Compact Framework4.5以上
  • ・画面解像度:1280×800以上

ハンディ端末 (HT) 一式

  • ・1次元ハンディ端末
  • ・通信充電クレードル

ソフト機能一覧

PC

在庫一覧
  • ・製品、部品毎の在庫一覧を確認
履歴一覧
  • ・HT作業履歴の一覧を確認
データ転送
  • ・HTへマスタ送信&HTからログ受信
マスタ管理
  • ・各種マスタの追加/編集/削除

HT

受入処理
  • ・部品の受入情報を記録
払出処理
  • ・部品の払出情報を記録
データ転送
  • ・PCからマスタ受信&PCへログ送信

オプション

ラベル発行機能 製品ラベルの発行が可能

業務フロー

受入業務

  • 受入処理 (現場/現場担当/HT)
    部品を棚に入れる時にHTで受入数を記録
  • データ転送 (現場/現場担当/HT&PC)
    HTでの受入実績をPCへ転送

業務フロー

払出業務

  • 払出処理 (現場/現場担当/HT)
    得意先ごとに部品を梱包する時にHTで払出数を記録
  • データ転送 (現場/現場担当/HT&PC)
    HTでの払出実績をPCへ転送

運用確認

  • 現在の在庫管理をどのように行っているか
    紙/Excelの場合、フォーマットとサンプルデータを送って頂きます
    システムの場合、そのシステム画面のキャプチャを送って頂きます
    管理項目をお伺いさせて頂きます(担当者、製品、部品、数量、エリア、
           得意先、etc)
  • 品番が印刷された部品ラベルがあるか
    品番がOCRで文字認識できるかサンプルを送って頂き、事前にテストする
           必要があります

    OCRで文字認識できない場合、部品在庫が固定であれば棚に部品ラベルを
           貼り付けるか、固定ではない場合は、部品ラベルを発行して貼り付ける
           必要があります

事前準備

  • 各マスタの作成
    (製品マスタ/部品マスタ/分類マスタ/担当者マスタ)
    こちらからフォーマットを送りますので、御社で作成して頂きます